地下鉄東西線線西11丁目駅から徒歩10分。石山通り沿いですが、コインパーキングも2か所あります。
「コミュニティカフェ らぽーる」を営業しながら、気軽におしゃべりを楽しんで頂けるスタイルです。
札幌市中央区南5条西11丁目1287-3
プリンセススクエア1F
コミュニティカフェ らぽーる内
  1. 家族だからこそ
 

家族だからこそ

私は数秘術鑑定をやってますが「数秘ってなんですか?」と聞かれることが多いです( *´艸`)

実は私も数秘術を習うまで、どんなものか知りませんでした。

 

数秘術とは・・・

数学者で天文学者のピュタゴラスの弟子から広まったと言われている古代の科学です。

数字には意味やパワーがあるんですね。(不思議ですが)

1の人は自分軸がしっかりしているとか3の人は楽しいこと大好きでひょうきんだけど寂しがりやだとか…

生年月日を中心に名前も組み合わせて鑑定するのですが「よく当たっている」と言われます。

占いと思われることが多いのですが、統計学に基づいているので占いとは違うので、鑑定士さんの個性や表現は違っていても

結果は同じですし、持って生まれたものなので、その方の傾向や性格などの本質、どういうことに影響を受けるかなどが分かるので、子育てや恋愛などの対人関係に活かしたり、人生設計に役立てることができます!

 

私は家族関係の問題を扱うことが多いので、子育てにおいて「どうしてこの子は飽きっぽいのか」とか「頑固で困る」などのお悩みを数秘を使ってアドバイスさせて頂くと納得され、無駄な対立が減ったと喜んでいただくことが多いです。

勿論、嫁姑問題やご夫婦対策にも使えます(*^^*)

 

因みにカフェらぽーるがオープンした日、2015年11月9日は「1」始まりの日でした。

何かをスタートするのに最適な日。たまたまだったのですがいい日にオープンできてラッキー♡

 

あなたも数秘を参考にしてみませんか?


2017/06/08

遅まきながら…

私Verite天野は札幌の市民活動団体「笑顔推進委員会」の副代表を務めさせていただいております。

「笑顔推進委員会」は代表仁部明江が自身の体験から、主婦が笑顔でいられるようにと長年活動を続けてきました。

その仁部さんと2年前に運命の出会い?から意気投合して、一緒に活動をすることになりました。

2人で「コミュニティーカフェらぽーる」を運営しながら、彼女は主に介護をしている方のサポートを、私は子育て中のお母さんをサポートしようと

二人三脚で歩んでおります。

その活動の一環で、毎月1回 第一水曜日の13:30〜15:00 コミュニティーカフェらぽーるで「サルビアの会」を開催しています。

こちらは幼児を持つママさんの子育て支援が目的なので、数秘術を使ってお子さんやお母さんのタイプ別のアプローチの仕方の伝授や、お悩み相談など数人単位でおしゃべり

しながらママさんの発散ができたらいいなあと思いながら活動しています。

勿論、会がなくても息抜きにおしゃべりしに来てくださる方 大歓迎です。

代表の仁部さんはヒーリングやカードセッションなどもお得意なのでこちらもお楽しみ。

詳細はコミュニティーカフェらぽーるのHP かサッポロドラックストアーに置いてあるEZOママ イベントかわら版をご覧ください。

気軽におしゃべりしましょう!


2017/04/04
やっと春らしくなってきましたね。
コートが無くてもお散歩できるくらい ポカポカしてきて
それだけでもテンションが上がってきます(*^^*)

 新学期がそろそろ始まりますね。
新しい環境で新しい人間関係が始まるかたも多いでしょう。

さて、今日のテーマ、「他の韻に迷惑をかけていい」かどうか・・・ですが、あなたはどう思いますか?
友人関係で、職場で、家庭の中でも…
「そんな、迷惑なんて できるだけかけないようにしなくては!」と思っていますか?
私もずっと そう思っていました。
だって、当り前じゃない、迷惑はかけないものだと親にもしつけられてきた、という方が殆どでしょうか。

でも、10年くらい前に、友人が「友達だから迷惑かけていいんだよ。」「お互いに迷惑かけあうのが友達でしょ」と言ったのです(;O;)
もう、衝撃でした。
素直な(?)私は「そうか!」と納得して 何だかうれしくなったのを覚えています。

困っている人がいたらひと肌脱ぐ。
相手を信用していれば助けて、って言える。
仲がよければ迷惑とは思わない。

迷惑をかけあえる、ということは それだけ信頼しあえる関係だといえますよね。
迷惑の程度にもよるけど、困っている時にはお互いに助け合う関係を平時から築いておきたいなぁって思います。

それでも絶対に迷惑をかけたくない!と思っている人は、もしかして 他人のために動力を使うのは嫌だと思っているんじゃないですか。
人間は 持ちつもたれつ。お互いに助け合っていく関係を築くために 一歩踏み出してみましょうよ♡
困っている誰かの力になれた時、自分も少しうれしい気持ちになれると思います♪

2016/04/21

最近、NHKで発達障害をテーマにした番組を何度か放送されています。

昔なら、落ち着きがないとか、我慢が足りないとか育て方の問題として片づけられていたことが、実は生まれ持った個性、特質だったと解明されてきています。

わが子も発達障害と診断されている子がいます。(もう成人してますが)

学習障害なのですが、やはり1つではなく 何となく自閉的な部分もあります。

生まれつき、何か普通の成長と違ったり、遅れがあったりしてあちこち相談に行っていましたが、様子を観ましょう…ばかりで不安でした。

3年生くらいでやっと診断がついたときはホッとしたことを覚えています。

親御さんによってはこの診断が障害者の烙印を押されたようで 受け入てられない方もいらっしゃるでしょう。

どちらが良いとかは無いと思いますが、その子にとって最善を考えたいものです。

私の場合は、診断がつかないうちは 読み書きが苦手なわが子が 皆と同じレベルを求められるのが大変でした。

小学1年生の時は、教科書の音読が苦手なわが子は耳で暗記し、読んでるふりをしていたり、2年生では作文が苦手なので、お隣の子の作文を丸写しにしていたことがあります。

作文の件では 個人懇談で先生が「問題である」と私に注意されたのですが私は逆に「凄い!」と感動しました。

だって、横からのぞき見して なかなか書けるものではないと思うのですが、わが子は作文を書くための知恵を使ったのだと思うのです。

その他にも、お金の計算ができないからと、お札で買い物をし 大量の小銭がたまると郵便局に貯金しに行き、またお札を引き出す…などできる工夫をするのです。

3年生の時に、担任の先生から「1人だけ特別扱いはできないので」と何も手助けはなかったのですが、5,6年の担任の先生は「特別扱いと特別な配慮はくべつして考えなければならない」と仰って下さり、多感な時期にコンプレックスを持たずに成長させていただき本当に幸せでした。

また、偏食も激しかったり、人付き合いがあまり得意ではないのですが 体は丈夫だし今は一人でできるホテルのお掃除の仕事を遅刻もせず、休まずにしっかり働き、扶養が外れるほどの収入を得るまでになりました。

日本の教育は皆と同じにとか、平均でなければという風潮がまだまだ多く、他とちょっと違う特質を持っていると理解されにくいですよね。

そのせいで、楽しいはずの学校生活が苦痛になったり、食事が拷問になったりしている子供たちが多くいると思うと切ないです。

その子個人をみて、理解しようとする心が もっと沢山ふえるとうれしいです。

わが子が劣等感を持つことなく成長できたのは お友達や先生、ご近所の方々に恵まれ 子供の良い部分、できる部分を認めてくださったからだと思います。

理解されることって本当に大切だと思うのです。

理解しがたい人に出会った時、シャットアウトするのではなく ちょっと関心を向けてくてたらうれしいです。


2016/04/08

小学校も中学校も新学期が始まり、日常が戻ってきた方も多いでしょうね。

春休みは日数が少ないとは言え、色々と準備しなきゃならないこともあり、何かと気ぜわしい季節ですね。

お母さんだって人間。煮詰まったり やってられない!と思うこともありますよね。

そんなときの解消法をご自分でちゃんと把握してますか?

ちっちゃな方法としては とっておきの好きなお菓子を食べるとか、誰かに愚痴るとか・・・

カラオケで熱唱する、カフェでゆっくり読書、趣味に没頭など、ちょっと気分を変えたり、好きなことを思いっきり楽しむのもいいですね。

 

逆にしたくないことはやらない!というのもOK♡

今日は疲れているからご飯はお弁当を買ってくるとか、食器の洗い物をしないで寝ちゃうとか、お洗濯はクリーニングに出しちゃうとか・・・

疲れていると、イライラして家族にも八つ当たりすることになったりしますよね。

だったら「やらない宣言」をして手抜きしてもいいじゃないですか(^_-)-☆

主婦、お母さんは年中無休でしょ!たまに休んでいいんですよ♪

よく、3食昼寝付きとか、毎日やすみでいいな、なんて言うご主人いるけれど、とんでもない!コンビニと同じ24時間営業の無休でしょ?

結婚して子供ができたからって急には働きマシーンにはならないですよ。

疲れてイライラしながら家事をするより、手抜きしても笑顔の方がいいじゃないですか。

 

だから、息抜きの方法はしっかり自覚しておきましょう(^^)/

因みに私は、一人旅です。

一人で旅行に出て 自分の行きたい所だけ行って、食べたいものを食べ、観たい物を観る時間がリフレッシュに最高です。

だって主婦はいつも家族優先でしょ?

だから、年に1度くらい、家族に我慢を強いて一人でお出かけするのです。

家族もたまにお母さんがいないと、羽を伸ばしたり ありがたみが分かったりでいいものですよ(#^.^#)

家族にも申し訳ないという気持ちも多少あるので、ちょっぴり優しくなるし。

 

あなたの息抜きは何でしょうね?


1  2  >  

verite

頑張っているお母さんを応援します。ひとりで悩まないでください。

電話番号:090-2810-1315 

               011-215-1323              

所在地 :札幌市中央区南5条西11丁目1287-3 プリンセススクエア1F コミュニティカフェ らぽーる

営業時間:カフェ営業    月〜土11:00~15:00 

              セッションタイム 15:00以降     

定休日   :日祝


個人相談は15:00より。時間外、電話、メール、スカイプなどにも相談に対応しています。

     要予約(前日までにご予約ください)


ルーム案内・アクセスはこちら

お問い合わせ